環境と財布のことを考えたエコ活動|太陽光発電の魅力をご紹介

ソーラーパネル

余剰売電でお得になる

太陽光発電は高い費用をかけて設置するため、必要性を感じない人もいるでしょう。しかし、長い目で見ると太陽光発電は導入した方がお得になります。なぜなら、初期費用はどうしてもかかってしまいますが、電気代の節約やあまった電気を売ることにより10年以内で元を取ることができるからです。また、余剰売電をする場合は制度や内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。売電価格は年々下がりつつあるものの、それでも太陽光発電を導入するのとしないのとでは大きな差が出てくると言えます。

住宅

停電時も快適に過ごすことが可能

太陽光発電を導入することで災害時も電気を使用することができ、快適に過ごすことが可能です。台風や地震などの災害が多い日本では、災害に遭うと停電することも多いと言えます。停電した際、復旧までに時間がかかってしまうのでその間は家電製品を一切使用することができません。暑い夏や寒い冬も冷暖房が使用できないので暑さや寒さに耐え忍ぶ他、復旧までに長期間かかると冷蔵庫や冷凍庫にある食品類もすべてだめになってしまいます。しかし、太陽光発電があることで電気が使用でき、そういった不便さを解消することができるでしょう。

ソーラーパネル

依頼する設置業者選びに注意しよう

太陽光発電を導入する際はどこの業者でも良いというわけではありません。宮城にお住まいでしたら宮城で対応してくれる業者を選ぶ必要がある他、設置に関して問題がないか確認をすることが大切です。太陽光発電は太陽の光が当たらなければ稼働しません。ですから、太陽が当たりやすい向きなどを考慮して設置してくれる業者を選ぶようにしましょう。素人目ではわからない部分も多々あり、そこにつけ込んでいい加減な設置をしたりする業者が存在することは否めないため信頼できる業者に依頼することが重要だと言えます。

「太陽光発電」と「太陽熱発電」の違い

太陽光発電とは

太陽光電池を用いることにより、太陽光を電気に変えることができる仕組みになっています。そのため、太陽光発電システムを設置することでそのまま電気として使用することができるのです。

太陽熱発電とは

太陽熱は気力発電となっており、レンズなどで太陽の熱を太陽炉に集めて作られるものです。コスパが良く蓄熱が可能となっているので夜間でも発電することはできますが、平地で広い土地が必要になるため日本にはあまり向いていないと言われています。

広告募集中